大井研究室 Presentation

2017年度

2017.09.07-09

第28回基礎有機化学討論会 (福岡)

2P099
「反応性カチオン種の制御を指向した新規キラル非配位性アニオン型触媒の創製と機能評価」
木村 悠人(M2), 佐々木 仁嗣, 浦口 大輔, 大井 貴史
2017.06.16-18

第38回光化学若手の会 (博多・福岡)

P03 ポスター賞受賞
「光励起ケトンの一電子還元能に基づく触媒作用」
大谷 毅 (D2), Chandra B. Tripathi, Michael T. Corbett, 大井 貴史
P04
「ドナー-アクセプター型イミンの光触媒機能創出」
土屋 祐人 (M2), 大谷 毅, 浦口 大輔, 大井 貴史
ページの先頭へ

2016年度

2017.03.16-19

日本化学会第97春季年会 (横浜・神奈川)

1E5-51
“Photoexcited Ketone Catalyzed C−H Imidation of Arenes”
Tsuyoshi Ohtani (D1), Chandra B. Tripathi, Michael T. Corbett, Takashi Ooi (oral presentation)
1E5-53
「光励起イミンの触媒機能創出」
土屋 祐人 (M1), 大谷 毅, 浦口 大輔, 大井 貴史 (口頭発表)
1E5-54
「キラルアンモニウムベタインを触媒とするジヒドロキノリノンの立体選択的Mannich型反応」
加藤 康介 (M2), 鳥居 雅弘, 浦口 大輔, 大井 貴史 (口頭発表)
1E5-56
「シアン化カリウムを用いたケトイミンの不斉ストレッカー反応」
森田 悠亮 (M2), 大松 亨介, 大井 貴史 (口頭発表)
1E5-57
“Dynamic Kinetic Resolution of N-Unprotected Amino Esters”
Yuya Nagato (D1), Kohsuke Ohmatsu, Takashi Ooi (oral presentation)
1E5-59
「β-ケトエステルおよびα-シアノエステルの直截的不斉α-アミノ化反応」
中島 翼 (M1), 大松 亨介, 大井 貴史 (口頭発表)
1E5-60
N-Bocオキシインドールの直截的不斉α-ヒドロキシル化反応」
安藤 祐一郎 (D3), 大松 亨介, 大井 貴史 (口頭発表)
2E5-01
「スピロキラルイミノホスホラン触媒によるアズラクトンとプロピオル酸メチルのマイケル反応の理論的解析」
佐藤 真 (PD), 山中 正浩 (口頭発表)
2E5-02
“Development and Theoretical Analysis of Catalytic Asymmetric Glycolate Aldol Reaction via Intramolecular Acyl Migration Process”
Kohei Yamada (D1), Makoto Sato, Daisuke Uraguchi, Takashi Ooi (oral presentation)
2E5-04
「キラルイミノホスホランの特性を活かしたアルケニルジエニルケトンに対する1,6-選択的マイケル付加反応の開発」
吉岡 謙 (D3), 浦口 大輔, 大井 貴史 (口頭発表)
2017.01.13

IGER annual meeting (名古屋)

G2
“Development and Theoretical Analysis of Catalytic Asymmetric Glycolate Aldol Reaction via Intramolecular Acyl Migration Process”
Kohei Yamada (D1), Makoto Sato, Daisuke Uraguchi, Takashi Ooi (poster presentation)
G4 ポスター賞受賞
“Photoexcited Ketone Catalyzed C−H Imidation of Arenes”
Tsuyoshi Ohtani (D1), Chandra B. Tripathi, Michael T. Corbett, Takashi Ooi (poster presentation)
G6
“Dynamic Kinetic Resolution of N-Unprotected Amino Esters”
Yuya Nagato (D1), Kohsuke Ohmatsu, Takashi Ooi (poster presentation)
G11
N-Sulfonyl α-Iminoester-derived Chiral Oxaziridines: Catalytic Asymmetric Synthesis and Applicationas a Chiral Oxidant”
Naoya Tanaka (D2), Daisuke Uraguchi, Takashi Ooi (poster presentation)
G12
“Chiral 1,2,3-triazolium salts catalyzed asymmetric alkylation of 3-substituted oxindoles with racemic secondary halides”
Yukino Furukawa (D2), Kohsuke Ohmatsu, Takashi Ooi (poster presentation)
G16
“Development of New Chiral Non-Coodinating Anion Intended to Control the Reactive Cationic Species”
Hitoshi Sasaki (D2), Takaki Ito, Daisuke Uraguchi, Takashi Ooi (poster presentation)
G21
“Direct Catalytic Asymmetric α-Amination and α-Hydroxylation of Carbonyl Compounds”
Yuichiro Ando (D3), Kohsuke Ohmatsu, Takashi Ooi (poster presentation)
G22
“Stereoselective Mannich-Type Reaction of Dihydroquinolinone under the Catalysis of Chiral Ammonium Betaine”
Masahiro Torii (D3), Daisuke Uraguchi, Takashi Ooi (poster presentation)
G24
“Complete Diastereodivergence in Asymmetric 1,6-Addition Reactions Enabled by Minimal Modification of a Chiral Aminophosphonium Salt”
Ken Yoshioka (D3), Daisuke Uraguchi, Takashi Ooi (poster presentation)
2016.12.19

ITbM/IGER Chemistry Workshop 2016 (名古屋)

22
“Asymmetric alkylation of 3-substituted oxindoles with racemic secondary alkyl halides”
Yukino Furukawa (D2), Kohsuke Ohmatsu, Takashi Ooi (poster presentation)
25 ポスター賞受賞
“Photoexcited Ketone Catalyzed C−H Imidation of Arenes”
Tsuyoshi Ohtani (D1), Chandra B. Tripathi, Michael T. Corbett, Takashi Ooi (poster presentation)
27
“Stereoselective Mannich-type Reaction of Oxindoles under the Catalysis of Chiral Ammonium Betaines”
Kohsuke Kato (M2), Masahiro Torii, Daisuke Uraguchi, Takashi Ooi (poster presentation)
30
“Anion-Stoichiometry-Dependent Selectivity Enhancement in Ion-Paired Chiral Ligand-Palladium Complex Catalyzed Enantioselective Allylic Alkylation”
Yuya Kusano (M2), Kohsuke Ohmatsu, Takashi Ooi (poster presentation)
32
“Modification and target protein identification of picrotoxinin that shorten mammalian circadian period”
Yuma Uezono (M1), Akane Kobayashi, Keiko Kuwata, Taeko Ohkawa, Kohsuke Ohmatsu, Takashi Yoshimura, Takashi Ooi (poster presentation)
34
“Direct Catalytic Asymmetric α-Amination of Carbonyl Compounds”
Tsubasa Nakashima (M2), Kohsuke Ohmatsu, Takashi Ooi (poster presentation)
37
“Dynamic Kinetic Resolution of N-Unprotected Amino Esters through Asymmetric N-Allylation”
Yuya Nagato (D1), Kohsuke Ohmatsu, Takashi Ooi (poster presentation)
38
“Complete Diastereodivergence in Asymmetric 1,6-Addition Reactions Enabled by Minimal Modification of a Chiral Aminophosphonium Salt”
Ken Yoshioka (D3), Daisuke Uraguchi, Takashi Ooi (poster presentation)
2016.12.01-02

第9回 有機触媒シンポジウム (名古屋)

P20
「光学活性1,2,3-トリアゾリウム塩を触媒とするカルボニル化合物の直截的不斉α-アミノ化反応の開発」
中島 翼 (M1), 大松 亨介, 大井 貴史 (ポスター発表)
P34
「キラルアンモニウムベタインを触媒とするジヒドロキノリノンの立体選択的Mannich型反応」
加藤 康介 (M2), 鳥居 雅弘, 浦口 大輔, 大井 貴史 (ポスター発表)
2016.11.14-16

第6回 CSJ化学フェスタ (船堀・東京)

P7-030
「カルボニル化合物の直截的不斉α-アミノ化反応」
中島 翼 (M1), 大松 亨介, 大井 貴史 (ポスター発表)
P7-049
「アニオンの当量変化によるイオン対型キラル超分子錯体の立体制御能の向上」
草野 雄哉 (M2), 大松 亨介, 大井 貴史 (ポスター発表)
P9-057 ポスター賞受賞
「反応性カチオン種の制御を志向した新規キラル非配位性アニオン型触媒の創製と機能」
佐々木 仁嗣 (D2), 浦口 大輔, 大井 貴史 (ポスター発表)
2016.11.05-06

第47回 中部化学関係学協会支部連合秋季大会 (豊橋・愛知)

1A02 VIP賞受賞
「カルボニル化合物の直截的不斉α-アミノ化及びヒドロキシル化反応」
安藤 祐一郎 (D3), 大松 亨介, 大井 貴史 (口頭発表)
1A03
N-スルホニルα-イミノエステル由来オキサジリジンの触媒的不斉合成およびキラル酸化剤としての機能評価」
田中 直也 (D2), 浦口 大輔, 大井 貴史 (口頭発表)
1A04
「共役エニニルN−アシルピラゾールに対する高位置・高立体選択的1,6-付加反応」
柴 遼 (M2), 浦口 大輔, 大井 貴史 (口頭発表)
2016.10.17-18

第7回 大津会議 (大津・滋賀)

“Development of Hitherto Difficult Catalytic Asymmetric Transformations Based on The Use of Chiral 1,2,3-Triazolium Salts”
Yuichiro Ando (D3) (oral presentation)
2016.09.07-09

Journées de Chimie Organique 2016 (France, Palaiseau)

P263
“Ketone Catalyzed C-H Imidation of Arenes”
Tsuyoshi Ohtani (D1), Chandra B. Tripathi, Michael T. Corbett, Takashi Ooi (poster presentation)
2016.07.21-22

第二回野依フォーラム若手育成塾研究発表会 (名古屋)

“Development of Chiral Aminophosphonium Salts Mediated Highly Regio- and Stereoselective Conjugate Additions”
Ken Yoshioka (D3) (oral presentation)
2016.07.10-15

20th International Symposium on Homogeneous Catalysis 2016 (京都)

1P-037 ポスター賞受賞
“Stereoselective Mannich-type Reaction of Oxindoles under the Catalysis of Chiral Ammonium Betaines”
Kohsuke Kato (M2), Masahiro Torii, Daisuke Uraguchi, Takashi Ooi (poster presentation)
1P-066
“Chiral Ammonium-Phosphine Hybrid Ligands for Pd-Catalyzed Asymmetric Reactions”
Yuya Nagato (D1), Kohsuke Ohmatsu, Takashi Ooi (poster presentation)
ページの先頭へ

2015年度

2016.03.24-27

日本化学会第96春季年会 (京田辺・京都)

1H2-18
「イオン対の特性を活かした新奇触媒の創製と高難度分子変換反応の開拓」
大松 亨介 (進歩賞受賞講演)
1H2-28
N-無保護アミノエステルの触媒的ラセミ化反応の開発と応用」
永戸 雄也 (M2), 大松 亨介, 大井 貴史 (口頭発表)
1H2-30  学生講演賞受賞
「キラルオニウム複合型配位子の多連続絶対立体化学制御能を活用した不斉環化付加反応」
今川 直道 (D3), 大松 亨介, 大井 貴史 (口頭発表)
2H2-31  学生講演賞受賞
「キラルアミノホスホニウム塩を用いる高位置・高立体選択的なジアステレオ分岐型1,6-付加反応の開発」
吉岡 謙 (D2), 浦口 大輔, 大井 貴史 (口頭発表)
2H2-33
「キラルアンモニウムベタインを触媒とするオキシインドールの立体選択的Mannich型反応」
加藤 康介 (M1), 鳥居 雅弘, 浦口 大輔, 大井 貴史 (口頭発表)
3H2-28
N-スルホニルα-イミノエステル由来オキサジリジンの触媒的不斉合成およびキラル酸化剤としての機能評価」
田中 直也 (D1), 浦口 大輔, 大井 貴史 (口頭発表)
3H2-29
「エンジオールを経る極性転換に基づく触媒的不斉アルドール反応の開発」
山田 康平 (M2), 浦口 大輔, 大井 貴史 (口頭発表)
3H2-30
「共役エニニルN−アシルピラゾールに対する高位置・高立体選択的1,6-付加反応」
柴 遼 (M1), 浦口 大輔, 大井 貴史 (口頭発表)
2016.01.08

IGER annual meeting (名古屋)

G7
“Enantio- and diastereoselective phase-transfer alkylation of 3-substituted oxindoles with racemic secondary halides”
Yukino Furukawa (D1), Kohsuke Ohmatsu, Takashi Ooi (poster presentation)
G14
“Chiral Iminophosphorane Catalyzed Enantioselective Reductive Cross-Coupling Reactions between Isatins and Aldehydes”
Naoya Tanaka (D1), Matthew A. Horwitz, Daisuke Uraguchi, Takashi Ooi,
Jeffrey S. Johnson (poster presentation)
G15
“Development of New Chiral Non-Coodinating Anion Intended to Control the Reactive Cationic Species”
Hitoshi Sasaki (D1), Takaki Ito, Daisuke Uraguchi, Takashi Ooi (poster presentation)
G21
“Betaine-Type Electron-Transfer Catalyst: Design and Application”
Masahiro Torii (D2), Daisuke Uraguchi, Takashi Ooi (poster presentation)
G22
“Catalytic Asymmetric Carbon-Heteroatom Bond-Forming Reactions at α-Position of Carbonyl Compounds”
Yuichiro Ando (D2), Kohsuke Ohmatsu, Takashi Ooi (poster presentation)
G24
“Diastereodivergent Asymmetric 1,6-Additions under the Catalysis of Chiral Tetraaminophosphonium Salts”
Ken Yoshioka (D2), Daisuke Uraguchi, Takashi Ooi (poster presentation)
G29
“Multiple Absolute Stereocontrol in Pd-Catalyzed Asymmetric [3 + 2] Cycloadditions Using Chiral Onium-Phosphine Hybrid Ligand”
Naomichi Imagawa (D3), Kohsuke Ohmatsu, Takashi Ooi (poster presentation)
G31
“Synergistic Catalysis of Chiral Ionic Brensted Acid and Photosensitizer for a Redox Neutral Aminomethylation of Imines: Oxidative Quenching Process”
Tomohito Kizu (D3), Natsuko Kinoshita, Daisuke Uraguchi, Takashi Ooi (poster presentation)
2015.12.15-20

Pacifichem 2015 (Hawaii・USA)

328
“Synthesis and Characterization of multinuclear Au Complexes Bridged by Two 1,2,3-Triazolylidene Carbene-Phosphine Hybrid Ligands”
Masaki Nishimura (M2), Kazuma Amaike, Kohsuke Ohmatsu, Junichiro Yamaguchi, Takashi Ooi, Kenichiro Itami (poster presentation)
451
“Rapid identification of optimal ligand for palladium-catalyzed asymmetric allylations”
Yoshiyuki Hara (D3), Kohsuke Ohmatsu, Takashi Ooi (poster presentation)
2248
“Betaine-Type Electron-Transfer Catalyst: Design and Application”
Masahiro Torii (D2), Daisuke Uraguchi, Takashi Ooi (poster presentation)
2252
“Catalytic Asymmetric Carbon-Heteroatom Bond-Forming Reactions at α-Position of Carbonyl Compounds”
Yuichiro Ando (D2), Kohsuke Ohmatsu, Takashi Ooi (poster presentation)
2270
“Enantio- and diastereoselective phase-transfer alkylation of 3-substituted oxindoles with racemic secondary halides”
Yukino Furukawa (D1), Kohsuke Ohmatsu, Takashi Ooi (poster presentation)
2283
“E/Z-Selective Asymmetric Conjugate Addition to Electron-Deficient Internal Alkynes”
Kohei Yamada (M2), Daisuke Uraguchi, Takashi Ooi (poster presentation)
2289
“Chiral tetraaminophosphonium salts mediated highly regio- and stereoselective 1,6- and 1,8-additions”
Ken Yoshioka (D2), Daisuke Uraguchi, Takashi Ooi (poster presentation)
2667
“Ligand-enabled multiple absolute stereocontrol in palladium-catalyzed [3 + 2] cycloaddition”
Naomichi Imagawa (D3), Kohsuke Ohmatsu, Takashi Ooi (poster presentation)
2015.11.09-13

The 13th International Kyoto Conference (京都)

PA(C)-69
“Betaine-Type Electron-Transfer Catalyst: Design and Application”
Masahiro Torii (D2), Daisuke Uraguchi, Takashi Ooi (poster presentation)
PB(C)-66
“Regio-, Stereo-, and Enantioselective Conjugate Addition of Azlactones to Enynyl N-Acylpyrazoles ligands”
Ryo Shibazaki (M1), Daisuke Uraguchi, Takashi Ooi (poster presentation)
PC(C)-69
“Catalytic Asymmetric Carbon-Heteroatom Bond-Forming Reactions at α-Position of Carbonyl Compounds”
Yuichiro Ando (D2), Kohsuke Ohmatsu, Takashi Ooi (poster presentation)
2015.11.08

第46回 中部化学関係学協会支部連合秋季大会 (津・三重)

2A01
「キラルイミノホスホランを触媒とするイサチンとアルデヒドの還元的不斉交差カップリング反応」
田中 直也 (D1), Matthew A. Horwitz, 浦口 大輔, 大井 貴史, Jeffrey S. Johnson
(口頭発表)
2A02
「電子不足内部アルキンへの触媒的不斉共役付加反応における幾何異性制御」
山田 康平 (M2), 浦口 大輔, 大井 貴史 (口頭発表)
2015.10.30

ITbM/IGER Chemistry Workshop 2015 (名古屋)

PS-3
“Chiral Iminophosphorane Catalyzed Enantioselective Reductive Cross-Coupling Reactions between Isatins and Aldehydes”
Naoya Tanaka (D1), Daisuke Uraguchi, Takashi Ooi (poster presentation)
PS-8 ポスター賞受賞
“Catalytic Asymmetric Carbon-Heteroatom Bond-Forming Reactions at α-Position of Carbonyl Compounds”
Yuichiro Ando (D2), Kohsuke Ohmatsu, Takashi Ooi (poster presentation)
PS-14
“Asymmetric Alkylation of 3-Substituted Oxindoles with Racemic Secondary Alkyl Halides”
Yukino Furukawa (D1), Kohsuke Ohmatsu, Takashi Ooi (poster presentation)
PS-20
“Modification of New Molecule Lengthening Mammalian Circadian Clock Period”
Misaki Ito (M1), Kohsuke Ohmatsu, Natsuko Ono, Steve A. Kay, Tsuyoshi Hirota, Takashi Ooi (poster presentation)
PS-23
“Betaine-Type Electron-Transfer Catalyst: Design and Application Masahiro”
Masahiro Torii (D2), Daisuke Uraguchi, Takashi Ooi (poster presentation)
PS-29
“Synthesis and Characterization of multinuclear Au Complexes Bridged by Two 1,2,3-Triazolylidene Carbene-Phosphine Hybrid Ligands”
Masaki Nishimura (M2), Kazuma Amaike, Kohsuke Ohmatsu, Junichiro Yamaguchi, Takashi Ooi, Kenichiro Itami (poster presentation)
PS-32 ポスター賞受賞
E/Z-Selective Asymmetric Conjugate Addition to Electron-Deficient Internal Alkynes”
Kohei Yamada (M2), Daisuke Uraguchi, Takashi Ooi (poster presentation)
2015.10.13-15

第5回 CSJ化学フェスタ (船堀・東京)

P1-062 優秀ポスター賞受賞
「1,2,3-トリアゾリリデンカルベンホスフィンを配位子とする新規多核金錯体」
西村 仁希 (M2), 天池 一真, 大松 亨介, 山口 潤一郎, 大井 貴史 (ポスター発表)
P6-035
「ラセミ体の第二級ハライドを用いたオキシインドールの不斉アルキル化反応」
古川 由季乃 (D1), 大松 亨介, 大井 貴史 (ポスター発表)
2015.07.16

第一回野依フォーラム若手育成塾研究発表会 (名古屋)

7
“Development of Chiral Ionic Brønsted Acid”
Tomohito Kizu (D3) (oral presentation)
2015.06.17-19

The 16th Tetrahedron Symposium (Berlin, Germany)

P3.007
“Development of Dialkyl Phosphite Mediated Formal Asymmetric Cross Pinacol-Type Reaction Under the Catalysis of Chiral Triaminoiminophosphorane”
Naoya Tanaka (D1), Matthew A. Horwitz, Daisuke Uraguchi, Takashi Ooi,
Jeffrey S. Johnson (poster presentation)
2015.05.10

第8回有機触媒シンポジウム兼「有機分子触媒による未来型分子変換」
第5回公開シンポジウム (那覇・沖縄)

PS45
「β置換プロピオール酸等価体への触媒的不斉共役付加反応における幾何異性制御」
山田 康平 (M2), 浦口 大輔, 大井 貴史 (ポスター発表)
PS46
“Betaine-Type Electron-Transfer Catalyst: Design and Application”
鳥居 雅弘 (D2), 浦口 大輔, 大井 貴史 (ポスター発表)
ページの先頭へ

2014年度

2015.03.26-29

日本化学会第95 春季年会 (船橋・千葉)

1E3-18 「キラルイミノホスホランを触媒とする立体選択的交差ピナコール型カップリング反応」
田中 直也 (M2), Matthew. A. Horwitz, 浦口 大輔, 大井 貴史, Jeffery. S. Johnson (口頭A発表)
1E3-19 「電子不足内部アルキンへのE/Z選択的不斉共役付加反応」
山田 康平 (M1), 浦口 大輔, 大井 貴史 (口頭A発表)
1E3-20 “Molecular Design and Application of a New Brønsted Acid Possessing Hexacoordinating Chiral Phosphate”
Takaki Ito (D3), Daisuke Uraguchi, Takashi, Ooi (oral presentation A)
2E3-30 “Strategy for Vinylogous Nitronate Generation: Application to Highly Stereoselective Aza-Henry Reaction“
Keigo Oyaizu (D3), Daisuke Uraguchi, Takashi Ooi (oral presentation A)
2E3-31 “Betaine-Type Electron-Transfer Catalyst: Design and Application“
Masahiro Torii (D1), Daisuke Uraguchi, Takashi Ooi (oral presentation A)
2E3-32 “Catalytic Asymmetric Carbon-Heteroatom Bond-Forming Reactions at α-Position of Carbonyl Compounds“
Yuichiro Ando (D1), Kohsuke Ohmatsu, Takashi Ooi (oral presentation B) 学生講演賞受賞
2014.12.18, 2015/01/08

IGER Annual meeting 2014 (名古屋)

“ビニロガスニトロナートの生成に立脚した高立体選択的アザHenry反応”
小柳津 圭吾 (D3), 浦口 大輔, 大井 貴史 (口頭発表)
G-15 “Development of Catalytic Asymmetric α-Hydroxylation of Carbonyl Compounds”
Yuichiro Ando (D1), Kohsuke Ohmatsu, Takashi Ooi (poster presentation)
G-21 “Palladium-Catalyzed Asymmetric Construction of Heterocyclic Compounds Bearing Quaternary Stereocenters”
Naomichi Imagawa (D2), Kohsuke Ohmatsu, Takashi Ooi (poster presentation) Poster Award
G-34 “Chiral Tetraaminophosphonium Salts Mediated Highly Regio- and Stereoselective 1,6-Additions”
Ken Yoshioka (D1), Daisuke Uraguchi, Takashi Ooi (poster presentation)
G-37 “Development of Chiral Hydrogen Phosphates as a Brønsted Acid Catalyst”
Takaki Ito (D3), Daisuke Uraguchi, Takashi Ooi (poster presentation)
G-39 “Rapid Identification of Optimal Ligand for Palladium-Catalyzed Asymmetric Allylation”
Yoshiyuki Hara (D1), Kohsuke Ohmatsu, Takashi Ooi (poster presentation)
G-40 “Intermolecular [3+2] Annulation via Electron-Transfer Reaction under Visible-Light Irradiation”
Tomohito Kizu (D2), Daisuke Uraguchi, Takashi Ooi (poster presentation)
G-41 “Molecular Design of Betaine-Type Electron-Transfer Catalysts”
Masahiro Torii (D1), Daisuke Uraguchi, Takashi Ooi (poster presentation)
2014.11.29-30

第45回中部化学関係学協会支部連合秋季大会(春日井・愛知)

2A03 “キラルアミノホスホニウム塩を用いる高位置、高立体選択的共役付加反応の開発”
吉岡 謙 (D1), 浦口 大輔, 大井 貴史 (口頭発表) VIP賞受賞
2P08 “キラルオニウム複合型パラジウム錯体を用いた5‐ビニルオキサジリジノンとイミンの不斉環化付加反応”
河合 伸弥 (M2), 大松 亨介, 大井 貴史 (ポスター発表) 優秀賞受賞
2P29 “光学活性1,2,3‐トリアゾリウム塩を触媒とする3‐スルホニルメチルインド―ルの触媒的不斉シアノ化反応”
中畔 大吾 (M2), 大松 亨介, 大井 貴史 (ポスター発表)
2P74 “ニトロアルカンの形式的不斉アリル化反応”
佐々木 仁嗣 (M2), 中村 慎司, 小中出 侑樹, 浦口 大輔, 大井 貴史 (ポスター発表)
2014.10.14-16

第4回CSJフェスタ2014 日本化学会秋季事業(船堀・東京)

“イオン対型キラル配位子を用いた不斉アリル化反応に対する最適触媒の効率的探索法の開発”
原 良行 (D2), 大松亨介, 大井貴史 (ポスター発表) 最優秀ポスター賞受賞
P5-034 “触媒的不斉環化付加反応による二連続不斉四級炭素構築法の開発”
今川 直道 (D2), 大松亨介, 大井貴史 (ポスター発表) 優秀ポスター賞受賞
“過酸化水素を用いるN-スルホニルα-イミノエステルの触媒的不斉酸化反応”
田中 直也 (M2), 浦口 大輔, 大井 貴史 (ポスター発表)
2014.09.17-19

第31回有機合成化学セミナー(福岡)

“キラルオニウム複合型パラジウム錯体を用いた光学活性イミダゾリジノンの不斉合成”
河合 伸弥 (M2), 大松 亨介, 大井 貴史 (ポスター発表)
2014.07.06-13

the 19th International Symposium on Homogeneous Catalysis (ISHC-XIX) (Ottawa, Canada)

“Synthesis of α-Hetero Carboxylic Acids via Protonation under Chiral Ionic Brønsted Acid Catalysis”
Tomohito Kizu (D2), Daisuke Uraguchi, Takashi Ooi (poster presentation)
2014.06.20-21

新学術領域研究 分子活性化-有機分子触媒合同シンポジウム (札幌・北海道)

“過酸化水素を用いるN-スルホニル α-イミノエステルの触媒的不斉酸化反応”
田中 直也 (M2), 浦口 大輔, 大井 貴史 (ポスター発表)
“過酸化水素を酸化剤とするカルボニル化合物の不斉α-ヒドロキシル化反応”
安藤 祐一郎 (D1), 大松 亨介, 大井 貴史 (ポスター発表)
2014.05.26-28

IGER International Symposium on Chemical Science in Asia(名古屋)

P21 "Enantioselective Formal α-Allylation of Nitroalkanes through Chiral Iminophosphorane-Catalyzed Michel Reaction/Julia-Kocienski Olefination Sequence"
Hitoshi Sasaki (M2), Shinji Nakamura, Yuki Konakade, Daisuke Uraguchi, Takashi Ooi (poster presentation)
P22 "in-situ Generation of Ion-Paied Chiral Ligands: Rapid Identification of Optimal Ligand for Palladium-Catalyzed Asymmetric Allylation"
Yoshiyuki Hara (D1), Kohsuke Ohmatsu, Takashi Ooi (poster presentation)
2014.05.12

The 2nd International Symposium on Transformative Bio-Molecules 2014(名古屋)

11 "Catalytic Asymmetric α-Hydroxylation of Carbonyl Compounds using Hydrogen Peroxide as Oxidant"
Yuichiro Ando (D1), Kohsuke Ohmatsu, Takashi Ooi (poster presentation)
12 "Chiral Tetraaminophosphonium Salts Mediated Highly Vinylog of Michel Addiions"
Ken Yoshioka (D1), Daisuke Uraguchi, Takashi Ooi (poster presentation)
13 "Chiral Asymmetric Oxidation of N-Sulfonyl α-Imino Ester with Hydrogen Peroxide"
Naoya Tanaka (M2), Daisuke Uraguchi, Takashi Ooi (poster presentation)
ページの先頭へ

2013年度

2014.03.27-30

日本化学会第94 春季年会 (名古屋)

1B8-49 「二連続不斉四級炭素構築のための新規配位子と触媒的不斉環化付加反応の開発」
今川 直道(D1), 大松 亨介, 大井 貴史 (口頭B講演)
1B8-51 「キラルオニウム複合型パラジウム錯体を触媒とする5-ビニルオキサゾリジノンとイミンの[3+2]不斉環化付加反応」
河合 伸弥(M1), 大松 亨介, 大井 貴史 (口頭A講演)
2B6-37 「キラル有機塩基触媒による第2級ボロン酸エステルの速度論的光学分割」
田中 直也(M1), 浦口 大輔, 大井 貴史 (口頭A講演)
2B6-38 「キラル超分子イオン対触媒による高位置・高立体選択的1,6-付加反応の開発」
吉岡 謙(M2), 浦口 大輔, 大井 貴史 (口頭A講演)
2B6-39 「光学活性アリールアミノホスホニウムイオンによるアニオンラジカルの制御」
木下 奈津子(D3), 浦口 大輔, 大井 貴史 (口頭B講演)優秀講演賞受賞
3B6-01 「光学活性1,2,3-トリアゾリウム塩を触媒とするラセミ体の2,2-二置換アジリジンの不斉開環反応の開発と機構解析」
安藤 祐一郎(M2), 大松 亨介, 大井 貴史 (口頭A講演)
3B6-02 「3-スルホニルメチルインドールを基質とする触媒的不斉シアノ化反応」
中畔 大吾(M1), 大松 亨介, 大井 貴史 (口頭A講演)
3B6-03 「ベタイン型エノラートを鍵中間体とする分子変換」
鳥居 雅弘(M2), 浦口 大輔, 大井 貴史 (口頭A講演)
3B8-17 「1,2-二置換アリルカーボネートとベンゾフラノンを基質とするE-及びエナンチオ選択的アリル化反応」
伊藤 充範(D3), 大松 亨介, 大井 貴史 (口頭A講演)
3B8-18 「イオン対型キラル配位子の系内調製とコンビナトリアル化学的手法による最適触媒の迅速同定法の開発」
原 良行(D1), 大松 亨介, 大井 貴史 (口頭B講演)
2014.1.8

IGER Annual meeting 2013 (名古屋)

G-10 "In Situ Preparation of Ion-Paired Chiral Ligand: Rapid Identification of Optimal Ligand for Palladium-Catalyzed Asymmetric Allylations"
Yoshiyuki Hara (D1), Kohsuke Ohmatsu, Takashi Ooi (poster presentation)
G-11 "Ligand-Enabled Multiple Absolute Stereocontrol in Metal-Catalyzed Cycloaddition for Construction of Contiguous All-Carbon Quaternary Stereocenters"
Naomichi Imagawa (D1), Kohsuke Ohmatsu, Takashi Ooi (poster presentation)
G-14 "Development of Catalytic Organic Transformations under the Photoredox Catalysis"
Tomohito Kizu (D1), Daisuke Uraguchi, Takashi Ooi (poster presentation)
G-18 "Development of Asymmetric Reaction Catalyzed by Chiral 1,2,3-Triazolium Salts"
Yusuke Hakamata (D2), Kohsuke Ohmatsu, Takashi Ooi (poster presentation)
G-20 "Catalytic Control of Anion-Radicals by Chiral Arylaminophosphonium Cation"
Natsuko Kinoshita (D3), Daisuke Uraguchi, Takashi Ooi (poster presentation)
G-23 "Synthesis and Structural Analysis of Hypervalent Tetraaminophosphorane Compounds"
Takaki Ito (D3), Daisuke Uraguchi, Takashi Ooi (poster presentation)
G-24 "Ligand-Controlled E/Z Selectivity and Enantioselectivity in Pd-Catalyzed Allylation of Benzofuranones with 1,2-Disubstituted Allylic Carbonates"
Mitsunori Ito (D3), Kohsuke Ohmatsu, Takashi Ooi (poster presentation)
G-25 "Asymmetric Conjugate Addition of Nitroalkanes to Vinylsulfones: Synthesis of Chiral α-Allyl Nitroalkanes"
Shinji Nakamura (D3), Daisuke Uraguchi, Takashi Ooi (poster presentation)
G-26 "Development of Catalytic Asymmetric Payne Oxidations: Application to Enantioselective Oxidation of N-Sulfonyl Imines"
Ryosuke Tsutsumi (D3), Daisuke Uraguchi, Takashi Ooi (poster presentation)
2013.11.7-8

第3回 キャンパスアジアシンポジウム (ソウル・韓国)

SS-1 “In Situ Preparation of Ion-Paired Chiral Ligand: Rapid Identification of Optimal Ligand for Palladium-Catalyzed Asymmetric Allylations”
Yoshiyuki Hara (D1), Kohsuke Ohmatsu, Takashi Ooi (oral presentation)
PS-13 “Catalytic Asymmetric Ring-Opening Alkylation of Racemic 2,2-Disubstituted Aziridines with 3-Substituted Oxindoles”
Yuichiro Ando (M2), Kohsuke Ohmatsu, Takashi Ooi (poster presentation)
PS-16 “Diastereoselectivity Ambivalence in 1,6-Selective Conjugate Additions under the Catalysis of Chiral Aminophosphonium Aryloxides”
Ken Yoshioka (M2), Daisuke Uraguchi, Takashi Ooi (poster presentation)
2013.11.2-3

第44回 中部化学関係学協会支部連合秋季大会 (浜松・静岡)

2P44 “イオン対型キラル配位子の系内調製とコンビナトリアル化学的手法による最適触媒の迅速同定法の開発”
原 良行(D1), 大松 亨介, 大井 貴史 (ポスター発表)
2P45 “オキシインドールを求核剤とするラセミ体の2,2-二置換アジリジンの触媒的不斉開環反応”
安藤 祐一郎(M2), 大松 亨介, 大井 貴史 (ポスター発表)
2P46 “触媒的不斉プロトン化反応による光学活性α-ヘテロカルボン酸類の合成”
大平 祐希(M2), 浦口 大輔, 大井 貴史 (poster presentation)
2013.10.21-22

第4回 大津会議 (大津・滋賀)

“Development of asymmetric oxidation using chiral tetraaminophosphonium salts as catalysts”
Ryosuke Tsutsumi (D3)
2013.9.23-26

第10回カルバニオン化学国際シンポジウム(ISCC-10) (京都)

P-95 “Diastereodivergent Catalysis of Chiral Aminophosphonium Aryloxides for Highly Regio- and Stereoselective 1,6-Addition to δ-Aryl Dienyl N-Acylpyrroles”
Ken Yoshioka (M2), Daisuke Uraguchi, Takashi Ooi (poster presentation)
2013.8.4-9

The Sixteenth International Symposium on Relations between Homogeneous and Heterogeneous Catalysis (札幌・北海道)

“Asymmetric Alkylation of Oxindoles with Racemic Secondary Halides Catalyzed by Chiral 1,2,3-Triazolium Salts”
Yusuke Hakamata (D2), Kohsuke Ohmatsu, Takashi Ooi (poster presentation)
“In Situ Preparation of Ion-Paired Chiral Ligand: Rapid Identification of Optimal Ligand for Palladium-Catalyzed Asymmetric Allylations”
Yoshiyuki Hara (D1), Kohsuke Ohmatsu, Takashi Ooi (poster presentation)
2013.5.27-28

有機分子触媒による未来型分子変換第1回 国際会議 (兼) 第6回有機触媒シンポジウム (大津・滋賀)

PS39 “Catalytic Asymmetric Ring-Opening Alkylation of Racemic 2,2-Disubstituted Aziridines with 3-Substituted Oxindoles”
Yuichiro Ando (M2), Kohsuke Ohmatsu, Takashi Ooi (poster presentation)ポスター賞受賞
PS40 “Development of a Vinylog of Stereoselective Michael Addition to δ-Substituted Dienyl N-Acylpyrroles”
Ken Yoshioka (M2), Daisuke Uraguchi, Takashi Ooi (poster presentation)
2013.5.23

Nagoya Symposium 2013 (名古屋)

P-07 “In Situ Preparation of Ion-Paired Chiral Ligand: Rapid Identification of Optimal Ligand for Palladium-Catalyzed Asymmetric Allylations”
Yoshiyuki Hara (D1), Kohsuke Ohmatsu, Takashi Ooi (poster presentation)
P-14 “Ligand-Enabled Multiple Absolute Stereocontrol in Palladium-Catalyzed Cycloaddition for Asymmetric Construction of Contiguous All-Carbon Quaternary Stereocenters”
Naomichi Imagawa (D1), Kohsuke Ohmatsu, Takashi Ooi (poster presentation)
ページの先頭へ

2012年度

2013.03.22-25

日本化学会第93 春季年会 (草津・滋賀)

1E5-13 「ニトロアルカンのビニルスルホンへの触媒的不斉共役付加反応」
中村 慎司(D2), 浦口 大輔, 大井 貴史 (口頭A講演)
1E5-14 「高位置・高立体選択的な1,6-および1,8-付加反応の開発」
吉岡 謙(M1), 浦口 大輔, 大井 貴史 (口頭A講演)
1E5-26 「触媒的不斉プロトン化反応による光学活性α-ヘテロカルボン酸類の合成」
大平 祐希(M1), 木津 智仁, 浦口 大輔, 大井 貴史 (口頭A講演)
1E5-27 「過酸化水素を用いたN-スルホニルイミンの触媒的不斉酸化反応」
堤 亮祐(D2), 浦口 大輔, 大井 貴史 (口頭A講演)
1E4-56 「イオン対型配位子を用いた転位型辻アリル化反応の位置選択性の逆転」
原 良行(M2), 大松 亨介, 大井 貴史 (口頭A講演)
1E4-57 「キラルオニウム複合型パラジウム錯体を触媒とする [3 + 2] 不斉環化付加反応による二連続不斉四級炭素構築」
今川 直道(M2), 大松 亨介, 大井 貴史 (口頭A講演)
3E5-43 「ラセミ体の第二級ハライドを用いたオキシインドールの不斉アルキル化反応」
袴田 祐介(D1), 大松 亨介, 大井 貴史 (口頭A講演)
3E5-44 「光学活性1,2,3-トリアゾリウム塩を触媒とするα-シアノスルホンの不斉アルキル化反応」
後藤 彩乃(M2), 大松 亨介, 大井 貴史 (口頭A講演)
3E5-45 「ラセミ体の2,2-二置換アジリジンの開環反応による触媒的二連続不斉四級炭素構築」
安藤 祐一郎(M1), 大松 亨介, 大井 貴史 (口頭A講演)
2013.01.10

IGER Annual meeting 2012 (名古屋)

○伊藤 充範(D2) (口頭発表)
G-4 「Asymmetric Alkylation of Oxindoles with Racemic Secondary Halides Catalyzed by Chiral 1,2,3-Triazolium Salts」
袴田 祐介(D1) (ポスター発表)
G-5 「A New Procedure for Concise Synthesis of 2,2’-Functionalized Chiral 1,1’-Binaphthyl Compounds」
小ノ津 圭吾(D1) (ポスター発表)
G-8 「Catalytic Asymmetric Oxidation of N-Sulfonylimines Using Hydrogen Peroxide」
堤 亮祐(D2) (ポスター発表)
G-9 「Asymmetric Conjugate Addition of Nitroalkanes to Vinylsulfones」
中村 慎司(D2) (ポスター発表)
G-18 「Development of Highly Regio-, Diastereo-, and Enantioselective 1,6- and 1,8-Additions」
吉岡 謙(M1) (ポスター発表)
G-21 「Ligand-Enabled Multiple Absolute Stereocontrol in Palladium-Catalyzed Cycloaddition for Asymmetric Construction of Contiguous Quaternary Stereocenters」
今川 直道(M2) (ポスター発表)
2012.12.16-18

Japan-USA Organocatalytic Symposium in Hawaii (2012) (Hawaii)

Ryosuke Tsutsumi (D2), Daisuke Uraguchi, Takashi Ooi (poster presentation)
2012.11.12-16

IKCOC-12 (京都)

PB-115 “Highly Regio-, Diastereo-, and Enantioselective Vinylogous Michael Reaction”
Ken Yoshioka (M1), Yusuke Ueki, Daisuke Uraguchi, Takashi Ooi (poster presentation)
PB-131 “Catalytic Enantioselective Oxidation of N-Sulfonyl Imines Using Hydrogen Peroxide”
Ryosuke Tsutsumi (D2), Daisuke Uraguchi, Takashi Ooi (poster presentation)
PC-052 “Asymmetric Construction of Densely Substituted Pyrrolidines through Palladium-Catalyzed [3 + 2] Cycloaddition”
Naomichi Imagawa (M2), Kohsuke Ohmatsu, Takashi Ooi (poster presentation)
2012.11.10-11

第43回 中部化学関係学協会支部連合秋季大会 (名古屋)

1P27 「キラルアミノホスホニウムバフェートを触媒とするニトロエナインへの不斉アザ共役付加反応」
木津 智仁(M2), 木下 奈津子, 浦口 大輔, 大井 貴史 (ポスター発表)
2P26 「1,2,3-トリアゾリウム塩を触媒とするα-シアノスルホンの不斉Mannich型反応」
後藤 彩乃(M2), 大松 亨介, 大井 貴史 (ポスター発表) 優秀賞受賞
2012.10.26-27

第5回 有機触媒シンポジウム(<兼> 第2回公開シンポジウム) (東京)

PS-36 「イオン性Brønsted酸を触媒とする不斉プロトン化反応によるα-ヘテロカルボン酸類の合成」
木津 智仁(M2), 大平 祐希, 大井 貴史 (ポスター発表) ポスター賞受賞
2012.10.14-17

第2回CSJ化学フェスタ2012 (東京)

P6-57 「キラルイオン性酸/アキラル塩基の協働触媒作用によるニトロオレフィンへの不斉チオ共役付加反応の開発」
木下 奈津子(D2), 中島 大輔, 浦口 大輔, 大井 貴史 (ポスター発表)
P6-58 「イナールへの触媒的不斉Henry反応の開発:(+)-Xestoaminol C及び(-)-Codonopsinine類の短段階不斉全合成への応用」
中村 慎司(D2), 浦口 大輔, 大井 貴史 (ポスター発表)
ページの先頭へ

2011年度

2012.03.25-28

日本化学会第92 春季年会 (東京)

1K5-42 「キラルイオン性酸触媒を用いるニトロエナインへのエナンチオ選択的アザ共役付加反応」
木津 智仁(M1), 木下 奈津子, 浦口 大輔, 大井 貴史 (口頭A講演)
1K5-43 「キラルイオン性酸触媒によるニトロオレフィンへの不斉チオ共役付加反応における塩基の添加効果」
木下 奈津子(D1), 中島 大輔, 浦口 大輔, 大井 貴史 (口頭A講演)
1K5-44 「電子欠損アルキンへの高立体選択的共役付加反応の開発」
上木 佑介(D3), 杉山 敦, 浦口 大輔, 大井 貴史 (口頭A講演)
3K6-25 「アニオン認識型キラルオニウム塩の創製と触媒的不斉合成への応用」
浦口 大輔 (進歩賞受賞講演)
3K5-39 「イオン対型キラル配位子の創製とパラジウム触媒反応への応用」
伊藤 充範(D1), 国枝 友温, 大松 亨介, 大井 貴史 (口頭B講演)
3K5-41 「イオン対型キラル配位子の特徴を活かしたベンゾフラノンの不斉アリル化反応の開発」
国枝 友温(M2), 伊藤 充範, 大松 亨介, 大井 貴史 (口頭A講演)
3K5-42 「キラルオニウム複合型パラジウム錯体を触媒とする多置換ピロリジン環構築反応」
今川 直道(M1), 大松 亨介, 大井 貴史 (口頭A講演)
3K7-48 「1,2,3-トリアゾリウムシリケートを介するアジリジンの触媒的不斉ハロゲン化反応」
濱嶋 優太(M2), 大松 亨介, 大井 貴史 (口頭A講演)
3K7-49 「1,2,3-トリアゾリウム塩を触媒とするα-シアノスルホンの不斉Mannich型反応」
後藤 彩乃(M1), 大松 亨介, 大井 貴史 (口頭A講演)
4K6-08 「キラルアンモニウムベタインを触媒とする不斉アザHenry反応」
小ノ津 圭吾(M2), 野口 晴大, 浦口 大輔, 大井 貴史 (口頭A講演)
4K6-09 「ビニリックカーボネートをエノラート前駆体とする高立体選択的アルドール型反応の開発」
○越本 恭平(D3), 浦口 大輔, 大井 貴史 (口頭B講演).
2011.12.04-08

International Symposium on Catalysis and Fine Chemicals 2011 (奈良)

P1-73 “Catalytic Asymmetric Protonation of α-Amino Acid-Derived Ketene Disilyl Acetals Using P-Spiro Diaminodioxaphosphonium Barfates as Chiral Proton”
Natsuko Kinoshita (D1), Daisuke Uraguchi, Takashi Ooi (poster presentation) 最優秀ポスター賞受賞
2011.11.28-30

Nagoya University Global COE International Symposium on on Elucidation and Design of Materials and Molecular Functions & 7th and 8th Yoshimasa Hirata Memorial Lecture (名古屋)

P-21 “Highly Stereoselective Michael Addition of Azlactones to Electron-Deficient Triple Bonds under P-Spiro Chiral Iminophosphorane Catalysis”
Atsushi Sugiyama (M2), Yusuke Ueki, Daisuke Uraguchi, Takashi Ooi (poster presentation)
P-22 “Precise Structural Control of Spontaneous Molecular Assembly of Chiral Tetraaminophosphonium Aryloxide-Arylhydroxide(s)”
Yusuke Ueki (D3), Daisuke Uraguchi, Takashi Ooi (poster presentation)
2011.11.21-22

名古屋大学G-COEプログラム「分子性機能物質科学の国際教育研究拠点形成」
第5回物質科学フロンティアセミナー「新時代の物質創製を目指して ―光、金属、生命を操る―」 (名古屋)

P-12 「アシルアニオン等価体のニトロオレフィンへの共役付加反応」
上木 佑介(D3), 浦口 大輔, 大井 貴史 (ポスター発表)
P-41 「キラルトリアゾリウム塩を触媒とするメソアジリジンの不斉塩素化反応」
濱嶋 優太(M2), 大松 亨介, 大井 貴史 (ポスター発表)
2011.11.05-06

第42回中部化学関係学協会支部連合秋季大会 (長野)

1P02 「キラルイミノホスホランを触媒とするシアノアセチレンへの高立体選択的共役付加反応」
杉山 敦(M2), 上木 佑介, 浦口 大輔, 大井 貴史 (一般研究発表・ポスター発表)
1P03 「イオン対型キラル配位子の創製とパラジウム触媒反応への応用」
国枝 友温(M2), 大松 亨介, 大井 貴史 (一般研究発表・ポスター発表) 優秀賞受賞
1P04 「キラルトリアゾリウム塩を触媒とするメソアジリジンの不斉塩素化反応」
濱嶋 優太(M2), 大松 亨介, 大井 貴史 (一般研究発表・ポスター発表)
1P05 「ビニロガスニトロナートを経る高立体選択的Aza-Henry反応の開発」
小ノ津 圭吾(M2), 浦口 大輔, 大井 貴史 (一般研究発表・ポスター発表)
2011.09.17

第4回有機触媒シンポジウム (東京)

PS-33 「電子欠損アセチレンへのシス、トランス選択的不斉共役付加反応」
上木 佑介(D3), 杉山 敦, 浦口 大輔, 大井 貴史 (ポスター発表)
2011.08.31-
09.02

第28回 有機合成化学セミナー (天童)

2P72 「アンモニウムベタインをイオン性求核触媒とする不斉Steglich反応の開発」
越本 恭平(D3), 三宅 修平, 浦口 大輔, 大井 貴史 (ポスター発表) ポスター賞受賞
2P73 「求核剤としてのニトロオレフィン-高立体選択的Aza-Henry反応」
小ノ津 圭吾(M2), 浦口 大輔, 大井 貴史 (ポスター発表)
2011.06.15

Nagoya University Global COE in Chemistry, 4th Annual Symposium (名古屋)

P-38 “Ion-Paired Chiral Ligands for Asymmetric Palladium Catalysis”
Mitsunori Ito (D1), Kohsuke Ohmatsu, Takashi Ooi (poster presentation)
P-43 “Development of a Practical Preparation Method of α-Amino Acid Derived [5,5]-P-Spirocyclic Tetraaminophosphosphonium Salts”
Ryosuke Tsutsumi (D1), Daisuke Uraguchi, Takashi Ooi (poster presentation)
P-44 “Catalytic Enantioselective Hydrophosphonylation of Ynones”
Takaki Ito (D1), Shinji Nakamura, Daisuke Uraguchi, Takashi Ooi (poster presentation)
P-45 “Nitroolefins as a Nucleophilic Component for Highly Stereoselective Aza-Henry Reaction”
Keigo Oyaizu (M2), Daisuke Uraguchi, Takashi Ooi (poster presentation)
P-46 “Enantioselective Aza-Michael Addition to Conjugated Nitroenynes Catalyzed by Chiral Arylaminophosphonium Barfates”
Natsuko Kinoshita (D1), Tomohito Kizu, Daisuke Uraguchi, Takashi Ooi (poster presentation)
ページの先頭へ

2010年度

2010.11.19-20

名古屋大学G-COEプログラム「分子性機能物質科学の国際教育研究拠点形成」
第4回物質科学フロンティアセミナー―分子の集合が拓く科学の最前線:高分子、超分子のサイエンス― (名古屋)

P-01 「キラルホスホニウムホスファイトを活性種とするイノンへの触媒的不斉ヒドロホスホリル化反応」
中村 慎司(M2), 伊藤 崇希, 浦口 大輔, 大井 貴史 (ポスター発表)
2010.11.06-07

第41回中部化学関係学協会支部連合秋季大会 (豊橋)

2P71 「光学活性ジアミノジオキサホスホニウムバフェートを触媒とした不斉プロトン化反応」
木下 奈津子(M2), 浦口 大輔, 大井 貴史 (一般研究発表・ポスター発表) 優秀賞受賞
2P72 「イナールへの触媒的不斉Henry反応の開発:(2S, 3R)-(+)-xestoaminol C及び(-)-codonopsinine類の短段階不斉全合成への応用」
中村 慎司(M2), 浦口 大輔, 大井 貴史 (一般研究発表・ポスター発表) 優秀賞受賞
2P73 「キラルオニウムーホスフィン複合配位子の創製とパラジウム触媒反応への適用」
伊藤 充範(M2), 大松 亨介, 大井 貴史 (一般研究発表・ポスター発表)
2010.11.01-02

第36回合成と反応の進歩シンポジウム「ライフサイエンスを志向した理論、反応および合成」 (名古屋)

2P-45 「トリアゾリウムカチオンを核とする新規キラルオニウム塩の分子設計と機能創出」
清川 真梨(M2), 大松 亨介, 大井 貴史 (ポスター発表)
2010.07.12-15

22nd International Symposium on Chirality (ISCD-22): Chirality 2010 (札幌)

O-A19 “Catalytic Generation of Chiral Aminophosphonium Phosphite as a Highly Reactive P-Nucleophile”
Daisuke Uraguchi, Takaki Ito, Shinji Nakamura, Takashi Ooi (oral presentation)
PB-23 “Catalytic Asymmetric Direct Henry Reaction of Ynals: Short Synthesis of (+)-Xestoaminol C and (-)-2-epi- and (-)-Codonopsinine”
Shinji Nakamura (M2), Daisuke Uraguchi, Takashi Ooi (poster presentation)
PB-24 “Asymmetric Protonation of α-Amino Acid-Derived Ketene Disilyl Acetals Using Enantiomerically Pure P-Spiro Aminophosphonium Barfate as Chiral Proton”
Natsuko Kinoshita (M2), Daisuke Uraguchi, Takashi Ooi (poster presentation)
2010.06.16

Nagoya University Global COE in Chemistry, 3rd Annual Symposium (名古屋)

P-67 “Asymmetric Thio-Michael Reaction to Nitroolefin Catalyzed by Axially Chiral Cationic Brønsted Acid”
Natsuko Kinoshita (M2), Daisuke Nakashima, Daisuke Uraguchi, Takashi Ooi (poster presentation)
ページの先頭へ

2009年度

2010.03.26-29

日本化学会第90 春季年会 (東大阪)

1F5-44 「光学活性アリールアミノホスホニウムボレートをカチオン性Brønsted酸触媒とする不斉共役付加反応」
中島 大輔(M2), 浦口 大輔, 大井 貴史 (口頭A講演)
1F5-45 「アリールアミノホスホニウムボレートを触媒とした不斉プロトン化反応」
木下 奈津子(M1), 浦口 大輔, 大井 貴史 (口頭A講演)
1F5-49 「光学活性テトラアミノホスホニウム塩を用いるイナールへの触媒的不斉Henry反応」
中村 慎司(M1),浦口 大輔, 大井 貴史 (口頭A講演)
1F5-50 「イノンへの触媒的不斉ヒドロホスホリル化反応」
伊藤 崇希(M2), 浦口 大輔, 大井 貴史 (口頭A講演)
1F5-51 「機能性アニオン協奏型ホスホニウム塩触媒作用を利用したアシルアニオン等価体の不斉共役付加反応」
上木 佑介(D1), 浦口 大輔, 大井 貴史 (口頭B講演) 学生講演賞受賞
3F5-03 「キラルオニウム―ホスフィン複合配位子の創製とパラジウム触媒反応への適用」
大久保 洵志(M1), 大松 亨介, 大井 貴史 (口頭A講演)
3F5-04 「アンモニウムベタインのイオン性求核触媒作用発現」
越本 恭平(D1), 浦口 大輔, 大井 貴史 (口頭B講演)
2010.01.13-14

Nagoya University Global COE-RCMS International Symposium on Organic Chemistry and 6th Yoshimasa Hirata Memorial Lecture (名古屋)

P-41 “Chiral Organic Ion Pair Catalysts Assembled through a Hydrogen-Bonding Network”
Yusuke Ueki (D1), Daisuke Uraguchi, Takashi Ooi (poster presentation)
P-42 “C1-Symmetric Chiral Ammonium Betaine as an Organic Base Catalyst for a Direct Mannich-Type Reaction”
Kyohei Koshimoto (D1), Daisuke Uraguchi, Takashi Ooi (poster presentation)
2009.11.30-
12.01

名古屋大学G-COEプログラム「分子性機能物質科学の国際教育研究拠点形成」
第3回物質科学フロンティアセミナー―ものづくりを基盤とする最先端科学:分子の設計、創造、そして解明― (名古屋)

P-28 「高活性リン求核剤としての光学活性テトラアミノホスホニウムホスファイト:触媒的不斉ヒドロホスホリル化反応への適用」
伊藤 崇希(M2), 浦口 大輔, 大井 貴史 (ポスター発表)
P-19 「新規カチオン性Brønsted酸の創製と触媒的不斉Aza-Michael付加反応への適用」
中島 大輔(M2), 浦口 大輔, 大井 貴史 (ポスター発表) ポスター賞受賞
2009.11.07-08

第40回中部化学関係学協会支部連合秋季大会 (岐阜)

2P90 「高活性リン求核剤としての光学活性テトラアミノホスホニウムホスファイト:触媒的不斉ヒドロホスホリル化反応への適用」
伊藤 崇希(M2), 浦口 大輔, 大井 貴史 (一般研究発表・ポスター発表)
2P103 「光学活性テトラアミノホスホニウムボレートの創製とカチオン性ブレンステッド酸触媒としての機能発現」
中島 大輔(M2), 浦口 大輔, 大井 貴史 (一般研究発表・ポスター発表)
2009.06.09-10

Nagoya University Global COE in Chemistry, 2nd Annual Symposium (名古屋)

“Development of Chiral Onium Salts Possessing Functional Organic Anions and Their Concerto Asymmetric Catalysis”
Yusuke Ueki (D1), Daisuke Uraguchi, Takashi Ooi (oral presentation)
“Development of Chiral Ammonium Betaine as an Ionic Nucleophilic Catalyst”
Kyohei Koshimoto (D1), Daisuke Uraguchi, Takashi Ooi (poster presentation)
ページの先頭へ

2008年度

2009.03.27-30

日本化学会第89 春季年会 (千葉)

1G1-36 「光学活性アンモニウムベタインの有機塩基触媒機能を利用した直截的Mannich型反応」
越本 恭平(M2), 浦口 大輔, 大井 貴史 (口頭A講演)
1G1-37 「キラルアンモニウムベタインを用いる触媒的分子内不斉アシル転位反応の開発」
三宅 修平(M2), 浦口 大輔, 大井 貴史 (口頭A講演)
1G1-38 「二相系での不斉アルキル化反応を基盤とする光学活性α,α-ジアルキルアミノ酸の合成」
浅井 吉弘(M2), 瀬戸 優樹(M1), 浦口 大輔, 大井 貴史 (口頭A講演)
2G1-04 「高活性リン求核剤としての光学活性テトラアミノホスホニウムホスファイト:触媒的不斉ヒドロホスホリル化反応への適用」
伊藤 崇希(M1), 浦口 大輔, 大井 貴史 (口頭A講演)
2G1-05 「光学活性テトラ(アリールアミノ)ホスホニウムボレートの創製とカチオン性Brønsted酸触媒としての機能発現」
中島 大輔(M1), 浦口 大輔, 大井 貴史 (口頭A講演)
2G1-06 「光学活性ホスホニウム塩を触媒とするアシルアニオン等価体の不斉共役付加反応」
上木 佑介(M2), 浦口 大輔, 大井 貴史 (口頭A講演)
2009.03.13-14

名古屋大学G-COEプログラム「分子性機能物質科学の国際教育研究拠点形成」
第2回物質科学フロンティアセミナー―ナノ物質科学の最前線:作る、見る、測る― (名古屋)

P-4 「非対称型アンモニウムベタインを有機塩基触媒とするチアゾール-5(4H)-オンの直截的Mannich型反応」
越本 恭平(M2), 浦口 大輔, 大井 貴史 (ポスター発表)
2009.01.13-14

Nagoya University Joint Symposia: 5th Yoshimasa Hirata Memorial Lecture and The 1st Global COE International Symposium on Elucidation and Design of Materials and Molecular Functions (名古屋)

P-71 “Site-Specific Asymmetric Alkylation of a Peptide Backbone at a C-Terminal Azlactone”
Yoshihiro Asai (M2), Daisuke Uraguchi, Takashi Ooi (poster presentation)
P-70 “Chiral Tetraaminophosphonium Carboxylate-Catalyzed Direct Mannich-Type Reaction”
Yusuke Ueki (M2), Daisuke Uraguchi, Takashi Ooi (poster presentation)
2008.11.08-09

第39回中部化学関係学協会支部連合秋季大会 (名古屋)

1N13 「光学活性四級アンモニウムベタインの分子設計と直截的Mannich型反応への応用」
越本 恭平(M2), 浦口 大輔, 大井 貴史 (一般研究発表・口頭) 優秀賞受賞
1N14 「機能性アニオン協奏型キラルホスホニウム塩触媒作用の創出」
上木 佑介(M2), 浦口 大輔, 大井 貴史 (一般研究発表・口頭) 優秀賞受賞
1N33 「二相系での不斉アルキル化反応を基盤とする四級アミノ酸含有オリゴペプチドの新規合成法の開発」
浅井 吉弘(M2), 浦口 大輔, 大井 貴史 (一般研究発表・口頭)
2008.05.26-27

3rd International Conference on Advanced Organic Synthesis Directed toward the Ultimate Efficiency and Practicability (大津)

“Development of a Chiral Phosphonium Salt Possessing Functional Organic Anion and Its Unique Asymmetric Catalysis”
Yusuke Ueki (M2), Daisuke Uraguchi, Takashi Ooi (poster presentation)
“Molecular Design of Chiral Tetraaminophosphonium Salts and Their Applications to the Catalytic Asymmetric Henry Reaction”
Sawako Sakaki (M2), Daisuke Uraguchi, Takashi Ooi (poster presentation)
ページの先頭へ

2007年度

2008.03.26-30

日本化学会第88 春季年会 (東京)

1J3-25 「二相系での不斉アルキル化反応を基盤とする四級アミノ酸含有オリゴペプチドの新規合成法の開発」
浅井 吉弘(M1), 浦口 大輔, 大井 貴史 (口頭A講演)
1J3-26 「光学活性四級アンモニウムベタインの分子設計と直截的Mannich型反応への
越本 恭平(M1), 浦口 大輔, 大井 貴史 (口頭A講演)
1J3-39 「光学活性テトラアミノホスホニウム塩の創製と触媒的不斉Henry反応への適用」
榊 佐和子(M1), 浦口 大輔, 大井 貴史 (口頭A講演)
1J3-40 「機能性アニオン協奏型キラルホスホニウム塩触媒作用の創出」
上木 佑介(M1), 浦口 大輔, 大井 貴史 (口頭A講演)
2008.03.13

G-COE in Chemistry, Nagoya: 1st International Workshop on Organic and Organometallic Chemistry (名古屋)

“Chiral Quaternary Ammonium Betaines: Molecular Design, Synthesis, and Application to a Direct Mannich-Type Reaction”
Kyohei Koshimoto (M1) (oral presentation)
2009.01.13-14

名古屋大学G-COEプログラム「分子性機能物質科学の国際教育研究拠点形成」
第1回物質科学フロンティアセミナー―精密分子設計に基づく機能創出― (名古屋)

P15 「キラルテトラアミノホスホニウム塩の分子設計と有機分子触媒としての利用」
榊 佐和子(M1), 浦口 大輔, 大井 貴史 (ポスター発表) ポスター賞受賞
ページの先頭へ