特別講演会御案内

 

演題: ミクロ化学実験室の集積化

−Lab on Chipと分析化学・生化学−

 

演者: 北森 武彦 教授

   (東京大学大学院工学系研究科)

 

日時: 1998年7月27日(月)午後 4:20-5:10

 

場所: 徳島大学薬学部第1講義室 (2F)

 

主催: 徳島大学地域共同研究センター

徳島大学薬学部

 

 フィンガートップサイズのガラスチップ上にミクロ化学実験室を創り出す北森『インテグレーテッド・ケミストリー』プロジェクト(1998-2003)の騎手、東京大学の北森教授に御講演いただくことになりました。ゲノム解析、医薬品のスクリーニング、コンビナトリアルケミストリーと高い処理能力の要求される課題が増加している中で、北森先生は、21世紀の最重要テクノロジーの一つであるマイクロチップテクノロジーの分野で世界の最先端を走っておられる、非常に御高名な先生です。今回は、先生の御研究のフィロソフィーから北森プロジェクトの全貌までを御講演いただくことになっております。多くの先生方、大学院生、学生のみなさんの御出席をお願い申し上げます。

 

連絡先: 徳島大学薬学部薬品物理化学教室

      馬場嘉信

    Tel: 0886-33-7285

    Fax: 0886-33-9507

    E-mail: ymttbaba@ph.tokushima-u.ac.jp