大槻研の研究業績(20161月〜12月)

Research achievements (January - December 2016)

 


 

 

学術論文(査読付き学術雑誌)Full paper

 

1.        Jian Wen, Ill Yong Kim, Koichi Kikuta and Chikara Ohtsuki, “Fabrication of Porous α-TCP/Gellan Gum Scaffold for Bone Tissue Engineering”, Journal of Nanoscience and Nanotechnology, 16, 3077-3083 (2016).

2.        Jian Wen, Ill Yong Kim*, Koichi Kikuta and Chikara Ohtsuki, “Optimization of Sintering Conditions for Improvement of Mechanical Property of a-Tricalcium Phosphate Blocks”, Global Journal of Biotechnology and Biomaterial Science, 2, 1-7 (2016).

 

 

国際会議での発表・プロシーディングス   International conference and proceedings

 

1.        Chikara Ohtsuki, Ill Yong Kim, Jian Wen, Takaharu Katsu, and Ayae Sugawara-Narutanki, “Sintering of Tricalcium Phosphate for Fabrication of Ceramics with Open Pore”, Australasian BioCeramics Symposium (ABC) 2016, QUT Gardens Point Campus, Brisbane, Australia, Dec. 5-6, 2016. (Poster Presentation)

2.        Chikara Ohtsuki, “Hydroxyapatite Formation from Calcium Phosphate Esters in a Biomimetic Solution Containing Alkaline Phosphatase”, 28th Symposium and Annual Meeting of the International Society for Ceramics in Medicine (Bioceramics 28), Omni Hotel, Charlotte, USA, Oct 18-21, 2016. (Oral Presentation)

3.        Y. J. Kim, S. B. Cho, I. Y. Kim, C. Ohtsuki, “Preparation of Hydroxyapatite Honeycomb through Dissolution-Precipitation Reaction under Hydrothermal Condition”, 28th Symposium and Annual Meeting of the International Society for Ceramics in Medicine (Bioceramics 28), Omni Hotel, Charlotte, USA, Oct 18-21, 2016. (Poster Presentation)

4.        Ayae Sugawara-Narutaki, “Elastin-like block polypeptides assembling into beaded nanofiber”, The 3rd International Conference on Bioinspired and Biobased Chemistry & Materials, Negresco Hotel, Nice, France, Oct 16-19, 2016. (Oral Presentation)

5.        Chikara Ohtsuki, “Reinforcement of alpha-tricalcium phosphate-based cement by incorporation of rod-shaped hydroxyapatite”, The 10th World Biomaterials Congress, Palais des congres de montreal, Montreal, Canada, May17-22, 2016. (Poster Presentation, Program, p. 2394)

6.        Chikara Ohtsuki, “Bioinspired Processing for Synthesis of Calcium Phosphate with Controlled Structure”, 13th International Conference on Ceramic Processing, Todai-ji Culture Center, Nara, May 8-11, 2016. (Invited Speaker, 1-B08-IN, Abstract, p.48)

 

学会・研究会での発表   Domestic conferences

 

1.        坂下幹也,金  日龍,鳴瀧彩絵,大槻主税,擬似体液中における酸化鉄へのヒドロキシアパタイト生成:酸化鉄粉末の表面積が与える影響日本セラミックス協会東海支部学術研究発表会,名城大学,名古屋市,20161210.(口頭発表 E9

2.        其上彪真,鳴瀧彩絵,大槻主税,永田夫久江,加藤且也,金属酸化鉄粒子を導入した高分子ゲル中におけるリン酸カルシウムの生成日本セラミックス協会東海支部学術研究発表会,名城大学,名古屋市,20161210.(口頭発表 E10

3.        杉野貴大,鳴瀧彩絵,大槻主税,ナノ空間を持つ無機/有機複合ベシクルを利用したタンパク質のリフォールディング名城大学名古屋市日本セラミックス協会東海支部学術研究発表会,名城大学,名古屋市,20161210.(口頭発表 E11鳴瀧彩絵無機ナノ粒子と高分子が織り成す1次元、2次元、3次元自己集合 DV-Xα研究協会講演会,九州大学,福岡,2016123.(口頭発表)

4.        浅野拓也Duc H. T. Le,鳴瀧彩絵,大槻主税,中野裕美,機能性ペプチドを用いたバイオミメティックプロセスによる多孔質シリカの合成 20回生体関連セラミックス討論会,大阪大学,大阪,2016122.(口頭発表)

5.        冨田慎二,三尾明義,横井太史,鳴瀧彩絵,大槻主税,体液類似環境における有機修飾リン酸カルシウムからのヒドロキシアパタイト生成 20回生体関連セラミックス討論会,大阪大学,大阪,2016122.(口頭発表)

6.        鳴瀧彩絵ブロック高分子が拓く自己組織化とバイオ応用新領域研究グループ「エキゾチック自己組織化材料」・「金属と分子集合」第1回合同シンポジウム,温泉旅館 丸茂,鳥取,20161123.(口頭発表)

7.        鳴瀧彩絵Le Duc H. T.,安永佐和子,筒井陽子,湯川 博,馬場嘉信,大槻主税,ナノファイバー形成能を持つエラスチン類似ポリペプチドへの配列付加による機能化日本バイオマテリアル学会シンポジウム2016福岡国際会議場,福岡20161121-22. (口頭発表1E-09

8.        渥美知里,荒岡伸太郎,鳴瀧彩絵,金澤有紘,青島貞人,大槻主税,有機高分子共存下におけるシリカナノ粒子のリング状自己集合:シリカの粒子径が与える影響6回CSJ化学フェスタ2016,タワーホール船堀,東京,20161114-16. (ポスター発表)

9.        田中智章,西村俊一,田嶋智之,三宅秀明,金 日龍,大槻主税,高口 豊,デンドリマーを用いた疑似体液中でのカーボンナノチューブ/ヒドロキシアパタイトナノハイブリッド生成 65回高分子討論会,神奈川大学,横浜,2016914-16. (ポスター発表2Pd058

10.    鳴瀧彩絵Le Duc H. T.,久保田紀城,筒井陽子,湯川 博,馬場嘉信,大槻主税,エラスチン類似ブロックポリペプチドによる機能性ナノファイバーの構築 65回高分子討論会,神奈川大学,横浜,2016914-16. (口頭発表3F09

11.    樋口博紀,長岡憲吾,奥村泰志,大槻主税,西村達也,加藤隆史,菊池裕嗣,リオトロピック液晶における無機結晶の形態制御 65回高分子討論会,神奈川大学,横浜,2016914-16. (口頭発表2F12

12.    大槻主税,三尾明義,鳴瀧彩絵,横井太史,擬似体液中におけるリン酸エステルカルシウム塩からのヒドロキシアパタイト生成 65回高分子討論会,神奈川大学,横浜,2016914-16. (口頭発表2F02

13.    高口 豊,田中智章,西村俊一,田嶋智之,三宅秀明,金 日龍,大槻主税,ポリアミドアミンデンドリマーを利用したカーボンナノチューブ/ヒドロキシアパタイト融合マテリアルの合成 65回高分子討論会,神奈川大学,横浜,2016914-16. (口頭発表2F01

14.    荒岡伸太郎,渥美知里,鳴瀧彩絵,大槻主税,金澤有紘,青島貞人,リビングカチオン重合による種々の両親媒性ビニルエーテルコポリマーの精密合成:無機ナノ粒子の精密配列制御のための新規テンプレートポリマー合成 65回高分子討論会,神奈川大学,横浜,2016914-16. (口頭発表1B12

15.    大槻主税擬似体液を用いるセラミック生体材料の評価:背景と利用法日本セラミックス協会第29回秋季シンポジウム,広島大学,東広島,201697-9.(依頼講演1F07, プログラムp. 17

16.    浅野拓也Duc H. T. Le鳴瀧彩絵,大槻主税,中野裕美,二種のペプチドを用いた生体模倣プロセスによる多孔質シリカの合成日本セラミックス協会2016年年会,早稲田大学,東京,2016314-16.(口頭発表 3H-08, プログラムp. 40

 

 

総説・解説・著書   Reviews & Books

 

1.        大槻主税,川下将一, “3. 2. 5 セラミックス材料の表面と改質”, バイオマテリアル その基礎と先端研究への展開,東京化学同人,2016pp. 164-167.